頭痛で脈打つように痛い原因とは?対処法教えます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
頭痛で脈打つように痛い原因とは?対処法教えます!

「頭が心臓みたいになっている( ゚Д゚)」
 

心臓のドキドキに合わせて頭もズキズキ
頭全体が脈に合わせて一定のリズムで
かなりの激痛。
 

立っていても横になっていても辛い。
そのうち、なんだか吐き気までしてきた!
 

これほどの激しい頭痛なのですが、毎日
おこるわけではないのが不思議なところ。
 

今日、横にならないといけないほどの痛みでも
数日後には良くなっていることも多いのです。
 

頻繁に続くわけでもないし・・と思っていた
私ですが、ある日感じた頭痛は泣きたく
なるほどの痛み。覚悟をして病院に行きました。
 

この頭痛のは何だったのでしょうか?
ここではその原因と対処法について
紹介しましょう。


スポンサードリンク

1.脈打つ頭痛の正体は何だったのでしょうか?

 

私の場合は片頭痛だったと思われます!
 

片頭痛は、脳の血管が広がりすぎるために
周囲の神経が刺激されてズキズキと脈打つように
頭痛がすると考えられます。
 

私の片頭痛は、忙しいときよりもむしろ仕事が
一区切りついた時が要注意!
 

せっかくの週末を寝て過ごす・・そんな寂しい
休日をよく送っていました(T_T)
 

平日、ストレスを感じて収縮していた血管が
一気に広がるイメージでしょうか。
 

無理して動くとひどくなるのでじっとおとなしく
するしかない状態にになってしまいます。
 

片頭痛を改善する方法はないの?

 

トリプタンを飲むことが一番効きます!
 

初期の片頭痛であれば、暗めな部屋で休む。
冷たいタオルで冷やすとういう方法もおすすめ!
 

ですが、私のように目の奥が痛くなったり
吐き気がしたりするような人は、
病院に行くしかありません!
 

というのも、片頭痛はなかなか市販の鎮痛剤
効かないのです。当初、私は倍量を飲み
さらに悪化させたことも( 一一)
 

必要以上の摂取は薬物乱用頭痛を引き起こす
危険性もあります。
 

そんな時には、「トリプタン」が最も効果的!
ただし、この薬は市販されていません。
病院に行って処方してもらいましょう(^^)
 

片頭痛の予防策はこれが効く

 

セロトニンを不足させないことが重要です!
 

セロトニンは日光を浴びることで分泌されやすく
なります。いかにセロトニンをうまくだすか
がポイント!
 

まず、朝起きたらカーテンを開けて太陽の光
浴びましょう(^◇^)
 

夜はきちんと眠って、夜更かしをしない!
規則正しい生活をする。当たり前のことを
当たり前にするだけでも予防になりますよ。
 

片頭痛にはツボ押しも効果的です。
私のおすすめは天柱!後ろ頭と首の大きな筋肉の
根元にあります。
 

ここをいた気持ちよいまで息を吐きながら押す!
ズキンときたら、ぜひ試してみて下さい。
 

食べ物にも少し気を付けましょう。

 

チラミンを多く含む食べ物は少量に!
 

ワインやチーズ、ココア製品は多くチラミン
含んでいます。
 

チラミンは血管を収縮させ、その後拡張させるため
片頭痛持ちの人は要注意!
 

なるべく食べないに越したことはないのですが、
食べても少量に留めましょうね(^_-)


スポンサードリンク

2.その他の原因は考えられるの?

 

風邪か、あるいは急性中耳炎です!
 

鼻水が出る、のどが痛いという症状がある人は
ほとんどの場合、風邪
 

発熱している可能性もあるので、熱を測ってみて
下さい。そこで熱があれば、頭痛の原因はそれ。
 

ゆっくり休んで自然治癒を待つか、あまりに熱が
高いときには病院を受診しましょう( ..)φメモメモ
 

耳の痛さとともにズキズキした頭痛のある時は
急性中耳炎の可能性が大!
 

内耳にばい菌が入ったため、炎症をおこし激しい
耳の痛さも伴います。
 

風邪を引いた後などに起きること多く、自然に
治ることはありません( ;∀;)
 

耳の痛みを感じた時には、躊躇せず耳鼻科
行きましょう。ひどくなる前なら数回の
受診ですみますよ。
 

脈打つように痛い頭痛の原因のまとめ

 

頭痛の原因としては次の3つが考えられます。
 

・片頭痛(熱や耳の痛みがなければ、ほとんどこれ)
・風邪(鼻水・のどの痛みがあれば濃厚)
・急性中耳炎(激しい耳の痛みに要注意)

 

耳の痛みを感じた時には耳鼻科に直行!
風邪の時には安静が基本。
片頭痛も耐え切れないときは病院へ。
 

と覚えておきましょう(^.^)片頭痛は予防策があります。
寝起きには太陽の光を浴びること、チラミンを含む
食品は極力とらないことを心がけましょう。

もし、立っていられないほどの頭痛や目が見えにくい
などの症状がある時にはすぐに
救急車を呼んでください。
 

脳出血、脳卒中などの重大な病気の可能性もあります。
いつもと違う頭痛の時には速やかな受診
心がけましょうね!


スポンサードリンク

関連記事