まだ若いのに肩こりがひどい!原因は何ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まだ若いのに肩こりがひどい!原因は何ですか?

「20代なのに・・肩こりがひどくて気持ち悪い!」
 

そんな皆さんはいませんか?私も20代のころ
からひどい肩こりに悩まされていました(T_T)
 

当時、デスクワークの仕事をしていました。
でも、スポーツジムには通っていたし、友人と
スカッシュもしていました。
 

だから運動不足だったわけではないと思います。
同僚からは「若いのに・・」と言われる始末( ;∀;)
 

確かに、学生の頃レポートに追われることが
あっても、学生時代には肩こりを感じることは
ありませんでした。
 

もしかして、年?でも当時の私はまだ20代。
同世代の友達は肩こりは感じないって言ってる(+_+)
 

ここでは、若いのに肩こりがひどい原因
見てみましょう!


スポンサードリンク

1.肩こりの定番原因!筋肉のこりのためです

 

若くても筋肉が凝り固まれば肩こりになります!
 

一般的に肩こりは筋肉が凝り固まり血流の流れ
悪くなるためにおこると言われます。
 

若いときには筋肉がこりにくいと言っても
同じ姿勢でいると肩はこりやすくなります。
 

特に美容師さんや理容師さんは手をあげたまま
作業をすることが多いので、筋肉が固まり
やすくなってしまいます;つД`)
 

この症状は胸郭出口症候群と言われ、鎖骨と
一番上の肋骨の間にある隙間がなんらかの理由で
圧迫されてしまい、肩こりになってしまうのです。
 

慢性的に肩こりのひどい人、デスクワークの方でも
パソコン作業で肩こりが悪化してしまう人は
胸郭出口症候群の可能性が高いと思います。
 

筋肉のこりが原因の場合の解消法はこれ!

 

毎日のストレッチをおすすめします。
 

筋肉のこりをほぐさない限り肩こりは治りません。
夜お風呂上がりの1分のストレッチを習慣に
しましょう。
 

簡単なストレッチを1つ紹介します。

1.左ひざに右足をあげる
2.背筋を伸ばして右側を向き20秒

 

これを反対も繰り返しましょう。筋肉が
伸びているのがわかると思います。
 

肩こりとともに腕のだるさを感じる皆さんは
胸郭出口症候群が高いと思います。一度、
病院に行くことをおすすめします。
 

2.内臓に負担がかかっているための場合もあります。

 

毎日の食生活は乱れていませんか?
 

20代で重たい肩こりだった私の当時の食事は
ほとんどコンビニ弁当。言うまでもなく、
コンビニ弁当が悪いわけではありません。
 

当時の私はお金もなく、なるべく安くお腹
いっぱいにするために揚げ物を選んで食べて
いたのです。
 

しかも、夜に食べるのは10時過ぎ。後は
入浴して眠るだけ。
 

こんな生活では、当然胃に負担がかかって
しまいますよね。(;_;)
 

慢性的な胃痛はありませんか?私が20代の時に
感じいていた頭痛には必ず胃痛が伴っていました。
 

胃の筋肉は左肩の筋肉とつながっています。
胃に異常があれば、この筋肉にも異常が出てしまい、
結果肩こりに繋がってしまうんですね( 一一)
 

食生活の乱れが原因の肩こりの改善法はこれ!

 

焼く・蒸すという料理法のものをとるようにしましょう!
 

もちろん、規則正しい生活、三食栄養の偏らない
きちんとした食事が最も重要であることは
言うまでもありません(^.^)
 

ですが、私のように一人暮らしで仕事が忙しいと
なかなかそういうわけにはいきません。
 

そんなときにはなるべく油分の少ない食事
するだけでも胃への負担は軽くなります。
 

揚げ物ではなく、焼き魚な蒸し物に変えて
みませんか?夕飯を少し変えるだけで
胃の調子が良くなりますよ(^<^)
 

後、たんぱく質を多く取るように
心がけましょう。筋肉にとってたんぱく質
は必要な栄養素となります。
 

凝り固まった筋肉のリカバリーを促す
意味でもたんぱく質を毎日取ることを
習慣づけて下さい!


スポンサードリンク

若いのに肩こりがひどい原因のまとめ

 

主な原因として以下の2つが考えられます!
 

・筋肉のこりによるもの
(胸郭出口症候群の可能性もある)
・食生活の乱れによるもの

 

手のだるさやしびれがある場合は、胸郭出口症候群
の可能性が大きい!
 

胃の痛みを伴う場合は、食生活の乱れが原因!
肩や首の筋肉が固くなっている場合は筋肉のこり!
と覚えておきましょうφ(..)メモメモ
 

若いからと言って、肩こりにならないわけでは
ありません。
 

個々の肩こりの原因をはっきりさせることで
その改善策も見えてきますよ(^-^)
 

日々の生活を見直すことで、まずは肩こりに
なりやすい原因を取り除きましょう!
 

原因を取り除いても改善が見られない場合は
他の理由も考えられます。その時には、一度
病院への受診をおすすめします。


スポンサードリンク

関連記事